RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
悪童日記
悪童日記 (JUGEMレビュー »)
アゴタ クリストフ, 堀 茂樹, クリストフ、アゴタ, Agota Kristof
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

o k e y d o k e y

welcome to "okeydokey" weblog.
<< ■ラクーアの温泉 | main | ■第70回日本ダービー >>
■第60回東日本新人王予選
0
    2回戦に進出した大村明良くんは、3戦連続1ラウンドKO勝利の斎藤純彦と対決。
    3試合目のため、6時には後楽園ホールに行く予定にしていたが、
    突然1試合目が不戦試合となり、大あわてで会社を後にする。
    怒濤のダッシュで会場に駆けつけ、目にした光景は、
    怒濤の攻撃に晒される明良くんの姿だった。
    対戦相手は、噂通りののハードパンチャーで、あきらかに明良を呑んでかかっている。
    息切れしていたオレは、息を呑みながらリングを見守った。
    ラウンド2 依然、相手有利のラウンド。一方的な展開に声を出そうにも声がでない。
          明良出血!いつドクターストップがかかってもおかしくない展開。
    ラウンド3 攻め疲れたのか?ひるんだのか?相手の攻撃の手がゆるむ。
          明良の反撃が始まる。オレも力の限りの声援。
          声援の人数は相手が上だが、声の大きさでは勝っていたと自負。
    ラウンド4 相手のスタミナ不足が明白となる。なにせ3戦とも3分以内のキャリアしかないのだ。
          明良、さらに攻撃、前へ前へひたむきにコンビネーションパンチを打ち込む。
          前半にかなりのパンチをもらっているにもかかわらず、
          前に出る明良のガッツに会場もヒートアップ! 両者に向けた声援で会場が揺れる。
          そしてついに逆転テクニカルノックアウト!
          この瞬間、明良はオレにとって親戚というだけでなく、ヒーローという存在になった。
         
    次戦は7月3日、シード選手との対決。明良自身も強敵と感じている存在だ。
    オレも4月に試合を観たが、明らかに他の選手よりうまい奴だった。


    "彼が所属の飯田ボクシングジム":http://www.boxers.jp/

    | sport | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.okeydokey.jp/trackback/11957